愛環セミナー

MG

1975年に、開発された、経営教育用のビジネスゲーム。

海外出向者に短期間・ローコストで、マネジメントセンスを身に付けさせることを目的に元々開発されたものらしいが、西順一郎氏考案のマトリックス会計表というユニークな自動決算と、会社の本質をわかりやすく教える「戦略MQ会計」が話題を呼び、現在では広く深く全国的に静かなブームとなっている。

丸いゲーム盤を4〜6人で囲んで、1期をゲーム1時間・決算1時間で、 基本的には2日間で5期分を繰り返しシミュレーションする。 仕入から生産・販売まですべて一人で行い、会社のしくみ・社長の仕事・経理計数などを効率的・効果 的に学びながら、自己資本拡大を目指す。

「自立できる積極人間の育成」が強い会社を作るという基本思想のもと、 最近はパソコン通信やインターネットを通じて、全国的な人的ネットワークが形成され、 MG以外のパソコン利用技術の情報交換・交流イベントなども活発に行われている。

100期200期と期数を繰り返すことで、「ストロウズの法則」を身に付けた戦略トータルマンが誕生すると言われている。

STOLWS(ストロウズ)の法則とは?
1.Scientific(科学的思考) データベースで分析的に考える
2.Total(全体思考) 常に全体を考える
3.Long Rang(長期的視野) 全体の先行き、将来を考える
4.Well-Balance(バランス感覚) 全体の中のバランスを考える
5.Systematic (体系的思考) 全体を踏まえて部分を考える

新人の皆さんには、お金の流れ、利益の発生の仕組み、
ベテランの方には、会社の運営、利益を増す方法、頭のサビを落すことなどを目的に学び合っています。

株式会社 西研究所 http://www.nishiken.jp/index.php